チュートリアルコース

チュートリアルコース

本コースについて

好評を得ているチュートリアルコースを、本年も討論会に先立ち開催します。
今年度は4名の先生方にレビューして頂く予定です。
学生・若手研究者を主な対象としていますが、一般の方の参加も歓迎します。参加費は無料です。

※チュートリアルコース参加申込の受付は6月1日(水)から開始いたします。

概要

会期 2022年11月7日(月) 12:30〜18:30(受付 12:00〜)
会場 高知県立県民文化ホール オレンジホール
(〒780-0870 高知県高知市本町4丁目3-30)
講師 池上 貴久 先生 (横浜市立大学)
武田 和行 先生 (京都大学)
拝師 智之 先生 (国際医療福祉大学)
寺尾 武彦 先生 (京都大学)

プログラム

時間 プログラム内容
12:30〜14:00
1. 池上 貴久 先生 (横浜市立大学)
「AX3スピン系は訳分からないけど、やはり「メチル基」様様」
溶液 NMR に限ったことではないが、何かサンプルの 1H, 13C-NMR を測定すると、溶媒のピークを除いて真っ先に目に飛び込んでくるのはメチル基のピークではないだろうか?シャープで一際高くそびえ立つピークを見ると、少なくともサンプルが溶けていたことにホッと一安心するのは筆者だけではなかろう。これは低分子だけでなく高分子の場合でも同じで、特に蛋白 NMR の分野では分子量が5万を超える辺りから、これまでの 1H/15N アミド基ではなく、1H/13C メチル基が主役に躍り出た。今では試料作りも測定法もかなりルーチン化されているが、ふと、「何故メチル基はそれほど感度が高く、1 MDa レベルでも観測可能なのか?」という点が気になることがある。「それはもちろん 1H ピークが3つも重なっているからだよ」という答が速攻で返ってきそうである。少し高度になると「それは “メチル TROSY ” のせいだよ」という答。それでは 「何故その TROSY は HMQC であって HSQC ではないの?」「メチル TROSY があるなら、メチレン TROSY もあってもいいよね?」「メチル基以外を重水素化するのは高くつくから軽水素でいいよね?」など、突き詰めていくと上手く説明できないことも多いような気がする。今回はこれを機にこれらの疑問点を解決したい。また、普通は3つの 1H の化学シフトが同じ場合は、その間のJカップリングは表面的には効かない。そのため、Ix から IxIzIz などは生じないはずであるが、メチル基という木ではこの禁断の果実がいきなり生まれる。その仕組みについても触れたい。
14:10〜15:40
2. 武田 和行 先生 (京都大学)
「Qを上げると感度が良くなるのではなく、感度を良くするとQが上がるんです」
15:50〜16:50
3. 拝師 智之 先生 (国際医療福祉大学)
「計測手法としてのMRIをどのように使っていくか」
17:00〜18:30
4. 寺尾 武彦 先生 (京都大学)
「NMRを創った人たち:第1話 夜明け前 [2] Isidor I. Rabi, 分子線磁気共鳴法の開発」
教科書では、長年にわたって積み重ねられた多数の研究成果が系統的に整理され、簡潔に淡々と記述されていて、学問が創られた背景にある含蓄に富んだ話はすっかり削ぎ落とされている。しかし、未踏の地に道を切り開いた開拓者たちが歴史的な研究に取り掛かったきっかけや鍵となるアイデアの着想の経緯、あるいは回り道やつまずきなど創造の過程で辿った軌跡を知ることは、我々にとって間違いなく貴重な財産になるだろう。そのためには、研究を行なった本人の育った環境や受けた教育,研究が行なわれた時代背景、研究環境、周辺の人々の関わりや反応など、学問が創られるに至った状況を多面的に知ることも極めて重要である。本講演では、時代を画した研究を行った人物にスポットを当てて、できる限りその研究が成功するに至った道のりや、研究が行われた現場を、様々な文脈において多面的に蘇らせる。うまくいけば、おそらくはその人物の人間性や生き方に根ざしているであろう、研究に対する姿勢やものの考え方、奥深い想いが浮かび上がってくるかも知れない。その試みを通して、研究者として歩み出した若い人たちに、“ 科学する” とはどういうことなのかを物語全体から感じ取ってもらえれることを願っている。今回は、BlochとPurcellに先立って分子線でNMRを実現したRabiの人生後半の物語を話す予定である。